読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

アニオタはいきなり神アニメの神回を語りだす・・・・・・


 名作アニメ、神アニメ、超神アニメの中でとにかく、多くの感動と素晴らしさを与えてくれる面白い回や、その作品を語る時に重要な回のことを、人呼んで神回と崇められたりすることは珍しくありません。勿論、それが物語の根幹をなす回ではなく、単純に面白かった回で使われるときもあります。

 ですが、私の中でのアニメの神回というのは、そのアニメを全話見終わった後でも、特に繰り返して見返すほど面白いと思える回のことを神回と定義したりしてます。

 ということで今日は私が推薦する神回をご紹介させてもらう記事となります。


 Cowboy Bebop カウボーイビバップ Session #22 

 カウボーイ・ファンク


 Cowboy Bebopという作品事態が神回祭りのようなくらいに、どれを選んだらいいか分からない作品なのだけれど、私が一番好きなのはこの話しなんですね。何かツライことがあったり悲しいことがあったら、これを見て、笑って「いいねー」とか言って気分が大分戻ったりするくらいに、楽しい回。 ビバップの中でまともに賞金首を捕まえることが出来た数少ない回でもあるし、アンディ役の江原正士さんという人をその時はまったく知らないんだけどこの人の演技は超一流だなーと思わされるとともに、もっとアニメの声優やってほしいなーと思った。そんな回でした。

 サムライチャンプルー SAMURAI CHAMPLOO 第八話
 
 唯我独尊


 個人的にアタリ、ハズレが多い、並の激しいアニメサムライチャンプルー。自分の波長と合う回はとてつもなく引き込まれたり、そうでもない回は苦痛だったり、野球回が至高という人もいるとは思うけど、私は断然この話。この通称、「永光回」と言っていいほどに山寺さんの好演も手伝い、主役が完全に交代してると言ってもいいこの回が至高だと思ったりする。元気になりたい人はこの回だけでもサムライチャンプルーを見てもいいのではないかと思ったりする。

 ラストエグザイル 
LAST EXILE  八話

 Takeback

 
 通称、「逆走のゴライアス回」、「チョコボレース回」、「モラン再就職回」等、整備班実は気のいいやつらじゃないかと、色々と自分の中で複合的要素の多い回、私の中でこのラストエグザイルという作品がいっきに好きになった回。この回だけ見ても作品理解とは、関係なく面白い回だとは思うし、素晴らしい出来の回だった。まさに神回でした。

 刀語 第 二話

 斬刀・鈍


 一話みて。あれ? 世間で騒がれているほどに刀語って面白い作品じゃないかも? って思った自分が、いきなり評価を大逆転した回。この回が駄目だったら、もしかしたら最後まで視聴しなかったのかもしれないというぐらいに、今だに何度も見入ってしまう回。作品理解と、楽しみ方と、主要キャラが自分の中で掴めた回という点もあるのだけれど、上の画像のキャラ宇練 銀閣(うねり ぎんかく)に惚れ込んだ回でもある。いぶし銀というのだろうか、とにかく、渋い、渋すぎる、そして気になるこのキャラ声優だれだ? 宮本充? ああ、ロジャー・スミスの人。成程、旦那でしたか。 ますます、素晴らしい声優の起用だと思った。神回でした。

 R.O.D -THE TV 第15話

 仄暗き地の底で


 
OVAR.O.D -READ OR DIEはまごうことなく、最高のアニメだし今更何か言う必要もないのだけれど、R.O.D という作品の中でいえば、この回程に見返す回もないと思ったりするのが私です。 会いたいけど、もう会えないかなーと思っている人がいきなり目の前にあらわれると人は逃げる行動を選択するときもある。 そんな、なんとも複雑な感情が押し寄せてくる素晴らしい回。 逃げる”読子”、追いかける”ねねね”そして、なんともいえないカメラワークと演出が光る。素晴らしい回。そこだけ見ても、「ありがたや~」となるぐらいに感動する回なのです。

 トップをねらえ2! 3話

 トップレスなんか大嫌い


 どの回が一番面白いと言われても、全てが面白いとしかいいようがないのがこの、トップをねらえ2!なのだけれど、一話単独で今後の伏線やなんやらをあまり、気にしないで見れるといえば、この回なのかなと思ったりする。「チコがメインだからだろ!」このロリ野郎と疑惑をかけられるかもしれないけど、 この回は素晴らしい。「理論値マイナス1兆2000万度と言われる冷凍光線を発射した先にあるものは?」 そこの理解に至る時にこの回がトップをねらえ2!の神回だという扉が開けると私は個人的に思っている。


 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 11

 想い の 力


 もう何も文句を言うところがないと言うくらいの奇跡的な作品コードギアス。唯一、たったひとつだけ、かけていたところといえば、ロリ成分だろう。前半は申し訳程度にしかなかった。皇神楽耶(すめらぎ かぐや)様一人では、その大役は補えない、そんなところに出てきた天子様。まったく、もって素晴らしい。というか、コードギアスから何か選ぼうと思ったら、何故かこの回を選んでしまった。これがロリの血のしからむるところかどうかは分からないけれど、この回が本当に好きな私です。


化物語 第伍話 

まよいマイマイ 其ノ參


 ガハラさんと、アララギ君が付き合いはじめ回。マヨイちゃんの話しも確かに良かったのだけれど、女の子から、あまりにカッコイイ告白をされた超高校級の変態のアララギさんが何と答えるのだろう? 私も学ばせてもらおうと思ったこの回。 

「流行るといいな、戦場ヶ原。蕩れ」 

 え? とれ? 今なんて言った? 戦場ヶ原と俺? ハヤルトイイナ センジョウガハラトオレ これが女の子に告白された返事? しかし、何故かガハラさんご満悦。 見ている俺はそれでもなんだか雰囲気に流されて、良かった。良かった。 だけど、何かしっくりこない、ということで、ということで、もう一度視聴しなおす。 その後に、告白されるまえのやり取りで、萌えという言葉の上位に属する言葉に蕩れというのはどうかという場面を発見。ああ。成程ね。アララギ君が、ガハラさんの直球に対して、照れ隠しに、変態な人間が得意な変化球で返事した結果が、蕩れという選択肢だったのか。 それが分かった時に、ああこのアニメ面白いなーと思った瞬間でした。


最後に・・・・・。

 というこで、氷山の一角のそのまた一角くらいに、あると思われる神回を書いてみましたが、みなさんの思う神回はどうでしょう? 私と似ていますか? それともまったく別ですか? 人それぞれ、思うところがあると思いますが、その辺はご容赦ください。


 貴方の神回は?

 

 

広告を非表示にする