読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

【2016年冬アニメ】 今期の始まったアニメの評価と感想とランキングをまとめました!

 

 さて、今期もアニメが始まり、だいたい1話全て放送されましたね!

 

f:id:nekokone1999:20160114160609j:plain

 

んで! 全ての感想と評価を纏めました。

 

 

 ただ、僕は正直にしか書けない、嘘がかけない。 おべんちゃらは抜きです。少しは気を使えと言われますが、それが出来ない! そして、それがオマエの一番クズなところだと友人は言います。だけどもこればっかりは無理なようです。 アニメの感想で嘘をつくのが一番の罪だと僕は思っているからです。

 

 というわけで、長いかもしれませんが読んでいただければこれ幸いです!

 

  でわ、さっそくいってみましょう!

 

 


だがしかし 1話 感想

だがしかし公式ファンブック: ほたるさんと遊ぼう! (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

 なんか、週刊少年サンデーで超プッシュされ、今期のアニメで期待度、注目ナンバー1という印象が強いアニメ。 あまりに人気だったので原作読んだけども、絵が上手くて、駄菓子を紹介しながら、挑発的な格好をする女子がわちゃわちゃしている印象しかなかった。(つまらないとは言ってない!)
 さらっと読める内容なのは良いけども、ハートは揺さぶられない。何でこれがこんなに人気が出たのだろう? そういうことを思いながらこのアニメを視聴した。 まあ、原作通りだった。さらっとして、日常系の中に懐かしい子供文化的なお菓子を紹介するお話だった。 
 変な人が出てくるが無害な変な人なのであまり僕の心は動かされないようだ。 まあ、面白い方のアニメに入るような、原作だけで十分なようなそんな感じですな。

 


プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 1話 感想

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 01 ( イベントチケット優先販売申込券付 ) [Blu-ray]

 
 パルクール? ストライド? 違い何? パルクールは哲学的であり芸術的要素があるとかないとか? ストライドはそれを競技化したもの? その辺りは僕もよく知らない! 美少年が走る走る! そして、少女が美少年ばかりの部活に参加。
 これは乙女ゲーか何か原作あるのかな? 知らないけどね。 あまり興味はないけども頑張って視聴した。頑張ってアニメ見るとかもはや意味不明だけども、とにかく視聴した。 思ったよりも悪くない。ストライドするシーンは結構カッコイィ。
 このアニメを見て僕はストライドを学んでみることにしようとも思わない。 でも、乙女ゲー系のアニメには毎回ホモホモしいキャラが出てくるので、やはり、乙女ゲーとBLゲー一緒という誤解を生むのだなーと思う限りである。


ハルチカ~ハルタとチカは青春する 1話 感想

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 [Blu-ray]

 
 もはや、定番化しつつある音楽枠。 と、思いきや暗号解読ミステリーが始まり、教師に惚れる男子生徒が出現するという まさに青春には解き明かせないミステリー山盛りの作品。 
 体育会系が音楽系のクラブに移って頑張るというのはありっちゃありだな。 中学生や高校生の青春を体育会系のクラブ活動で過ごしきっていいのだろうか? この疑問は頭脳的な体育会系の奴等の永遠の悩みだろう。
 まあ、そこで思い立って体育会系と縁を切る選択をした少女の選択を見届けたいと思いながら視聴する層には受けそうな内容だ。

 


無彩限のファントム・ワールド 1話 感想

【Amazon.co.jp限定】無彩限のファントム・ワールド 3(各巻購入特典:2L型ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

 流石の京都アニメーション。作画、キャラクターデザイン、作風、一目で分かる。 今回はいつも以上に胸を強調するキャラクターが出てきた。京アニはシャフトに対抗しようとして化物語を超える青春怪異ものを作ろうと何年も前から何作もこういう作品を作ってる感がある。
 しかし、科学的技術のハッタリと、キャラクターの能力と性格のハッタリはちょっと滑稽に見えないこともない。 ファントムという異形の物質が社会的に迷惑でありそれを高校生が退治するクラブがある。それがバイトにもなる。
 作画と乳ゆれだけが目立つ1話だったような気がする。ただ、リンボーダンスのBGMいいなーって思って引き込まれて視聴してしまった。でも、何だろう? 今回は結構当たりなような気がしないでもない。
 難があるとすれば、全てが茶番に感じる軽さ的な空気がこのアニメにあるところだろう。もう少し、リアル感というか視聴者に納得と思えるポイントを今後盛り込む必要があると思われる。
 まあ、それを一話でやれというのは難しいだろうし、今の京アニでは不可能だ。とりあえず、来週に期待というところだろう。
 

 


暗殺教室2 1話 感想

「暗殺教室」2 Blu-ray初回生産限定版 2

 暗殺教師は面白いと思うけども、アニメは見なくていいや派という派閥に入ってたりする私です。 だけども、今回は脱派閥を考えを視聴して見た。 うーん。キャラ可愛い。漫画よりも可愛いくかけてるような気がする。
 内容は小学生から中学生向けかな。なんだろうな。 暗殺って何なんだろうね。 暗殺と殺し屋は別だと思うんだ。 暗殺は殺しの一手段に過ぎないと思うんですよね。タイトルを殺し屋育成教室でいいんじゃないのでは?
 とか考えてしまう。 まあ、可も不可もなく、見なくて見てもいいというレベルのアニメかな。 これが週間少年ジャンプアニメの限界なんだよ! とか思うのでした。 

 

少女たちは荒野を目指す 1話 感想

少女たちは荒野を目指す 初回版【予約特典:オリジナルサウンドトラック付き】

 最初の20分くらい本当に辛かった。 頭の中に「退屈」「つまらない」「ざーさんのキャラがざーさんでしかない、うざい」
 ということばかり思って視聴していた。 ただ、ただ我慢の連続で1話切りしようかと思ったが最後の引きで面白くなった。
 どうやら、高校生がギャルゲーもといエロゲーを製作して富と成功を得ようという物語である。 
 主人公はコミケーション能力が高く、文才があるという設定であるが二次元にはあまり知識がない状態からスタートいう感じ。
 今後は周囲から業界の説明を受けて色々と頑張るんだろう。今後の展開としては売れ筋をリサーチしたり、ギャルゲー業界を調べたりして売れるシナリオを開発するという点を重視して説得力のある展開が続けば面白くなっていきそうである。
 

アクティヴレイド-機動強襲室第八係- 1話 感想

【Amazon.co.jp限定】「アクティヴレイド ?機動強襲室第八係-」ディレクターズカット版 Blu-ray Vol.1 BOX付き初回仕様版 (Vol.1~Vol.3全巻購入特典:「第一期全3巻収納BOX」引換シリアルコード付)

 近未来の特殊装備刑事ものって感じなのかな。 最初はちょいとパトレイバー的な感じの印象を受けたけども、
 色々と狙い過ぎてお寒いところが多々見受けられるが、そういうところが慣れてくると逆に良いということもあるので今後には期待は可能。
 キャラクターに個性を持たせ過ぎて少し食中りしそうになりそうだけども、これにも慣れると良くなる見込みはある。
 装着型のパワードスーツらしきものは少し微妙かな。 今後は女性が前線に出てきてお色気も担当してくれないとやはりつらい。
 ただ、ムリくり一話に纏めた感があり、色々とグダグダなのが残念だった。 もう、1話から2話様子を見てもいいかもしれないし化ける要素ある。
 犯罪者の動機と、主人公側の葛藤を政治的な要素をもう少し自然に絡める展開を用意出来れば少しはマシになると感じる。 
 うん! おしい作品ってところだろう。


僕だけがいない街 1話 感想

僕だけがいない街(7)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 原作通りの内容でそれ以上でもそれ以下でもない。 タイムリープして殺人事件を解決するという話をエンタテーメント的に扱うこの作品は
 一読するとすごく面白い内容ではあるのだけども、一度話の筋を知ってしまうと、
 脳内の記憶がかなり劣化するまでは2度目の鑑賞をするにはあまり向かない。 自分が「僕だけがいない街 」という原作を読んでいなければ
 また違った評価をしていたのだろうけども、今のところは単純に漫画に声と色と動きがついただけのアニメという印象しかない。
 原作ありきのストーリー重視のエンタメ作品の宿命といえばそれまでなんだろうと感じたし、この日はアニメ枠が多いので視聴継続が迷うところである。
 ただ、1話でお母さんが刺殺されるところ、そっからタイムリープするところまで強引にもっていったテンポの良さは高評価を与えることが出来るだろう。


ノルン+ネット 1話 感想

NORN9 ノルン+ノネット(通常版)

 謎が謎を呼び、謎の敵襲が船を襲うという展開に僕の空いた口はしばらく塞がらなかった。 選ばれし能力を持つ人達が遥か空から平和のための活動をするというお話なのかな。 なんか時間も場所も移動したい放題な展開になっていきそうな感じ。
 なんか、すごく壮大な世界観と真理が内包されている感はある。
 なので、良アニメとして化けるポテシャンルはある。
 ただ、若干乙女ゲーよりのキャラデザとキャラの味付けがターゲットとする層とのズレがあるのでは? 
 個人的にはメカのデザインは良いし、急展開からの急展開というのは非常に好印象。 木に登ってあわや即死として見せかけて救助から敵の強襲という展開で視聴者を一気に引き込むところが非常に良い! さて、2話で1話での説明不足感の解消をして上手いことストーリーを展開することが出来れば今後は期待できる作品になるだろう。

 

おじさんとマシュマロ 1話 感想

おじさんとマシュマロ

 中年の夢! 中年の業! 若い年下の女子社員に熱烈なモーションをかけらるが、男側が穏便に拒否するというこのやりとりは結構好きだ。

 

おしえて!ギャル子ちゃん 1話 感想

おしえて!  ギャル子ちゃん 第1巻 [Blu-ray]

 金髪巨乳GAL オタク系女子、天然系お嬢様がキャラ3人が雑談するアニメ。つまらないとか面白いとかそういうのではなく、なんとなーく視聴するのに向いてる
 ギャルなのに、心も身体もおぼこ、オタク系女子なのにいい奴、天然系が会話のバランスをとるというキャラ構造のギャップ感が魅力ではあるかなと。
 微妙にクラスメイトのアホ男子や心の声がいいアクセントになってはいる。 質問的にキャラにセクハラ的お題がふられる、それがなんとも女子高生にセクハラしてる感があるが、
 それがいいと思う人もいるかもね。

 


GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2期 1話 感想

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【DVD】

 もりあがりにかける! 元々、一期を視聴していてたころから自衛隊が弱い者イジメをする理由を正当化してるようにしか見えなくて嫌悪感が生じてた。まあ、GATEの向こう側の勢力が現代の科学技術、軍事技術に著しく劣っているから仕方ないのかな。
 しかし、世界が繋がると弱いものが淘汰されるので仕方ないのだろう。 だから自衛隊がいいことやっているように見えるように向こう側の勢力に中世ぐらいの身分差別を用意してある設定は効果的に見える。
 ただ、個人的には現代戦力で脆弱な異世界に自衛隊を派遣したらどうなるんだろう? 程度の設定で物語を紡いでる感があるのでそこはもう少し煮詰めて話を展開して欲しい。 なんというかGATEは半端な作品なんですよね。
 ゴリゴリの軍事物でもないし、ファンタジーものでもない。 なんというかキャラクターもテンプレ的な性格と行動ばかりで、人間の葛藤的な心の描写があまりに少ないので感情移入して視聴をすることが僕には難しい。
 個人的に一期でかなり見限っているので、今後の展開にも期待できないし、面白くなりなポテンシャル性も皆無である。
 まあ、ライト層に人気なものは僕に向かないってのは分かっているので諦めながら視聴しているが、この評価が覆ることは多分ないだろうな。 まあ、予算は結構使ってそうだが、GATEなんてアニメやるよりも境界線上のホライゾンの3期をさっさと作って欲しいと思う今日この頃とかまったく関係ないことを思ってしまった。


紅殻のパンドラ 1話 感想

【電子版】紅殻のパンドラ(7)<紅殻のパンドラ> (角川コミックス・エース)

 原案 士郎正宗ときたもんだ! そして、田中さん! おいおい! 攻殻機動隊義体設定を拡張したお話だった。 変身を熱工学迷彩の応用だというハッタリはまあ、まあ面白い。しかし、なんか世界平和、世界平和と何かと五月蝿い主人公が活躍するアニメ。世界平和の定義なんて色々あり過ぎるし、どのレベルでものを言ってるんだろうか? なんか鼻につく。 全身義体の設定を細かく掘り下げるアニメとしては結構歓迎ではあるけども、余計なお色気はいらんような、欲しいような。それよりも科学的なハッタリや理屈を分かりやすく、面白く、具体的に理解できるように今後やっていってくれればなーと思う限りだ。士郎さんなのでその辺は信じてる・・・ とりあえず、期待値はあるし、面白くなりそうなポテンシャルはある。
 人間の次なるステージの有力候補である全身義体。そういうところはすごい好きなんだよ!


ディバインゲート 1話 感想

ディバインゲート vol.1 [Blu-ray]

 アバンでポエム調子でメインキャラクターの自己紹介! 古臭くも新しく新鮮www(笑い)ポエムが終わればいきなり修羅場発生!
 電車中で自動車についてる発炎筒みたいなもんをふり散らかしてる危ない男が怖かった。電車で発炎筒とかつけてたら極刑でいいだろうと感じる。まあ、そんなことあれ、なんか世界観の説明! ディバインゲートとという場所と
 選ばれし人達が水とか火とか風とか操ってわちゃわちゃするお話らしいというのが判明。 なんか選ばれし人達は世界的に期待されってるっぽい。 なんか主人公は暗いし、ネグレクト経験者。ラーメンに氷を入れるのは猫舌で横着者がやる行為だと
 思ってた。ちなにみに僕の知り合いにはラーメンや熱い汁系のものに生野菜を入れて冷まして食う人がいたりするけども、その人も周囲からは特異な目で見られているので、その人もネグレクト経験者? 多分違うだろう。
 まあ、でも温かい物が苦手な人は確かに温かいものを温かいうちに食べる習慣がない人に良くある症状ではあるという研究報告をどこかの雑誌で読んだことはあるので、まあそういうことなんだろう。 とりえあえず1話を見て分かったことは
 主人公は親にネグレクトを受けて、親を殺した噂があるが、まあ殺してなくて、偉い人に期待されて好かれているけども、不幸が大好きなので自分の不幸な境遇の中で心を閉ざしてクールを気取るというお年頃のキャラらしいことは分かった。
 今後は熱血の火の能力者と、風のお節介少女が主人公の心を溶かす展開が待っているようなそうでもないような。 まあ、なんというか、面白いとか面白くないとか以前によく分からん! しかし、今後の期待はもてないこともないでしょう。
 そして、さりげに天界とか魔界とか色々と言葉が出ていたので、話はかなりのスケールで展開されていくのだろう。 

 

石膏ボーイズ 1話 感想

石膏ボーイズ ~神々と英雄のアイドルグループ~

 これどうなんすか? ほんとうどうなんすか? 逆に色々な人に意見聞きたいアニメ。 確かにアイドルとして身持ちが堅く、素性はハッキリしているが。無機物である。
 いや、二次元のアイドルだって生命体としての規定を満たしているわけではないので、石膏がアイドルとして活動するのは問題ないだろう。声優の演技も個人的には好き。
 美大の教育方針をギャグってるけども、デッサンと石膏ばかりなの美大? 好きに絵を描かしてくれないけども、無理やりやらされることで根性は曲がるし育たないと私的には感じた。
 まあ、ギャグアニメに無粋な突っ込みはあまりしちゃいかんけども、とりあえず笑ったのでギャグアニメとしては僕のツボを抑えているので良作だと感じる。 
 毎週軽く笑わせてくれそうなさ作品である。

 

霊剣山-星屑たちの宴 1話 感想

f:id:nekokone1999:20160114143918j:plain

 内容的には週間少年誌に連載されていそうな感じの印象を受けた。 人間が仙人になるために山に登って試練を受ける。昇仙を目指して競い合い、仲間と協力する感じはまあ、悪くない。
 アバン的にはストーリーがすごい壮大になりそう、仙人になってから村の問題を解決したりとかそういう感じになっていくんだろうか? とりえず、主人公達が仙人になってからお話が加速しそう。
 長期的に頑張って視聴すればワンちゃんあるかもだけども、今期もアニメは多いので打ち切り候補である。 しかし、儲けるために詐欺、口八丁手八丁はよくないような気がするがそれが現実か?
 今後、試験で昇仙希望者同士の足の引っ張り合いとかあるんかな? あるならそこの展開次第でこのアニメの運命が決まるだろう。 

 

昭和元禄落語心中 1話 感想

「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一

 2016年冬季アニメとしては一番期待していたアニメではある。 関智一 石田彰 山寺広一 等の声優界の頂点におわす方の演技は流石だった。ただ、落語パートをだらだら長くやり過ぎてる感は否めない。
 話としては、ヤクザの下っ端が有名噺家の落語に惚れて弟子入りして、その才能を見込まれて落語界を盛り上げようって内容は分かりやすい。
 今後は昭和の落語界の雰囲気を醸し出しながら主人公の成長と姉さんと師匠の絡みで盛り上がるのかな。 だけども、落語に興味ない層はあの長い落語パートで離脱した感はある。僕も危うく離脱しそうになったけども、我慢した。
 そしたら、主人公が師匠の寄席中に居眠りしてイビキで寄席の邪魔をするという前代未聞の過失をやってのけるわけで、あわや破門! かと思いきや頭を下げまくり、そこからのタイトル回収という最後の7分程からいい感じの展開になり、このアニメが面白いと感じることが出来た。 来週からは落語パートよりも、人間の成長と葛藤を中心に描いてテンポの良い話構成を期待したい。 昭和ならではの仁義や男女差別的な社会的背景も作品の見所かなと思ったりもするが、
 このご時勢「女が口出すんじゃねー」ってのはまじで、性差別以外なにものでもないが、昔はそういえばそういうことを言う人は世間にいくらでもいたんだなーと思うばかり。
 古き悪き時代の象徴がこの男女差別かもね。と。昭和の日本を感じるのでした。

 

旅街レイトショー1話 感想

f:id:nekokone1999:20160114144037j:plain

 一目で見て分かる低予算アニメ。 なんか家庭的なイタリア料理系のアニメなんかな? なんかスーツケースを旅をする若者にプレゼントして終わった。 そして、旦那は生きてた。分かりそうで分からんアニメ。
 7分をここまで無駄に感じたのは久々である。 

 


PHANTASY STAR ONLINE2 THE ANIMATION 1話 感想

ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.3 (CD4枚組)

 ネトゲーアニメだが、現実+ネトゲーアニメというか、なんというか、主人公にネトゲーさせるための強引な展開に草が不可避だった。 
 主人公は何でもそこそこ出来るというのが長所の普通男子設定とか言いながら、部活の助っ人が出来るほどの男で校内でもそこそこ有名っぽい。
 んで、学校の生徒会が副会長に任命して、ネトゲやれというこの展開! どんだけPSO押しなんだよ!PSO販促アニメ以外のなにものでもないが、その徹底振りが素晴らしい。
 学校中の生徒がほぼPSOというネトゲをやっているという設定を元に今後も話が進んでいくんだろう。 フィクションにはこれくらいの強引な設定も必要だと新しく感じるのである。
 まあ、想像するよりも意外性のある展開だったので個人的に1話は楽しめた。 ネトゲの人格と、リアルの人格の違い等もありそれもまた面白いかもしれない。 
 以外と面白い要素がちょいちょいある。


デュラララ!!×2 結 1話 感想

ジョーカーに宜しく(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 個人的にデュラララ!! というコンテンツは複雑になり過ぎて作品を理解することに疲れる。 登場キャラやその目的がそれぞれあり過ぎて面白いとか面白くないとかの前に分けわかんなくなってきた。 今回の新しいOPは出落ち感があって一瞬だけども目を惹いた。 
 やっぱりラノベ1巻から3巻分くらいが一番良かったのかな? 元々はイザヤの目的が池袋を戦場化してデュラハンに永遠をもらうとかそんな目的だったような。
 そんで争いを誘発するように画策してるんだけっか? そんでみんなが迷惑してそれをどうにかしようとかいう勢力があって、異形の物を研究する機関があったり、
 ヤクザ勢力が色々抗争したりとか、とにかく色々複雑過ぎる。 多分、まとめて一気に視聴してこその作品なんだろうな。
 なんというか風呂敷広げ過ぎて上手く纏まらず複線回収に必死になり過ぎて面白いという本質がどんどん離れていく作品というイメージが最近はある。でも、ここまで追っかけてきてるから
 今期も僕は頑張って視聴するのだろうな。


ブブキ・ブランキ 1話 感想

TVアニメ「 ブブキ・ブランキ 」 オープニングテーマ「 Beat your Heart 」【通常盤】

 お話が壮大過ぎて分かんないことだらけの1話だった。 とにかく ブブキが武器になってブブキの持つ特殊能力で戦うらしい。 
 なんか主人公のオカンは神様っぽい人なの? んで、いきなり天井からロボット落下? 家族も落下? んで10年後の未来へGO!
 10年後の未来にはとにかく世界政府らしきものがあって国民に嘘の歴史を教えて主人公のママンとか一族を迫害してるっぽい。
 んで、なんか巨大なロボット、オーブ? そういうなんか分からんが巨大ロボットが干からびてることが判明していつの間にか一話終わった。
 とにかく来週みないと意味不明過ぎるので頑張ろうと思う。

 

ラクエンロジック 1話 感想

【Amazon.co.jp限定】ラクエンロジック 1 (特装限定版) (全巻購入特典:「新規描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

 アバンで販促とは恐れ入る。原子よりも、神よりも何よりもロジックが上らしい。んで、どうやらロジカリストと呼ばれる人達が世界を守るお仕事をしてるっぽい。
 ロジカリストは思春期の子供の中でランダムに発生する才能らしい。主人公は元英雄でとにかく強いロジカリストであることは判明した。
 そういう偶発的に生まれる人間に世界の命運をかけるしかない世界というまさに末期のような世界。中々サイコ気味な世界である。
 しかし、民衆に悲壮感は漂わない。
 きっと国民全体が前向きなんだろうな。それかまったく知らないか、ロジカリスト的な集団をギャグと思っているかどれかだろうと推測する。
 まあ、そんなことはどうあれ、ロジカリストを名乗る人間にしては技名がロジカルじゃないなーと思ったかな。 個人的には一話切りの最右翼である。
 なんていうか、どうやったら楽しめるようになるのか? そこをまったく思いつけなかった。僕のアニメ感も衰えたものである。


ナースウィッチ小麦ちゃんR 1話 感想

「ナースウィッチ小麦ちゃんR」Vol.4 [Blu-ray]

 うーん。 アイドルアニメと思いきや魔法少女アニメでありと思いきや複合パロディーアニメであって、さらにはギャグアニメ的な要素と萌えの顔を持つ小麦ちゃんというコンテンツ。
 色々と突っ込みだしたら切がないくらいに突っ込みどころが多いから、突っ込みが好きな人にはこのアニメはいいかもしれないって思った。
 古いコンテンツが昨今は復活するのがいつの世にもあるが、小麦ちゃんが復活してもなーって思いながらも視聴している自分はいったい・・・・・・。
 まあ、可愛かったからいっかな。

 

FAIRY TAIL ZERO 1話 感想

FAIRY TAIL ZERO (講談社コミックス)

 マガジンのワンピースと長年噂されるファアリーテェイル! まあ、ひとつなぎの大秘宝とかないけどね。日本よりもアメリカでの人気の方があるとかないとか
 まあ、そんなことはどうでもいいんだけども、今回は初見OK ゼロからの話です。なので、アバンは必要なかったのでは? とか思う。
 ロリキャラの顔があまりにデカイので視聴しながら色々なものを口から吹き出しそうになったけども、健全に面白い内容だったような気がする。 
 くぎゅの無駄遣いとか思ったけども、それは言わないお約束かな。 能登中毒患者は視聴が吉かと。


虹色デイズ 1話 感想

虹色デイズ 11 (マーガレットコミックス)

 男子仲良し4人組の一人が美少女に恋したんだってさ! その相手は同じ学校の生徒でカラオケ屋でバイトして、学校の教師と怪しい関係の美少女だった。
 自分に興味ない美少女を女々しい男がどうやったら落とせるか? という内容なのかな? 今のところ可もなく不可もなく、
 ただ、このまま主人公が上手くいくだけのお話なら個人的につらい。 
 美少女と先生の仲を引き裂く展開を主人公が画策して教師を落としいれ、美少女の落ち込んでいるところに上手く入り込み落とす的な話になったらまだましかなー。
 いや、そもそも、恋愛だけ方面の話は個人的に盛り上がらない。 うーむ。この先どうするか? だね。


灰と幻想のグリムガル 1話 感想

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

 アバンで今期の当たりアニメか? って一瞬感じた。一瞬感じた覇権の予感! ゴブリンに苦戦するリアルなファンタジー世界。 なんか良いねって思った。 
 ただ、主人公達のわけわからん記憶障害がいらん。でも、それがないと現代的な日本人の価値観を出せないからしゃあないのかな?
 とりえあず、モンスターと戦ってモンスターの死骸や戦利品からしか報酬が入らないというシステムを守らないといけない設定っぽい。
 でも、基本的にらしい? という感じの主人公の勝手な解釈こみの世界観の説明なので後出し設定で言い訳だらけのお話になりそう。
 それも含めても面白くなりそうだとは感じたけども、なんか雑談が寒いというか、うざいというか、さっさと戦闘して欲しかった。
 とりあえず、1話でゴブリンの一体くらいは倒して欲しかった。 まあ、とりあえず、モンスターを倒せないと困窮するらしい。
 それならそれで、モンスターを倒せずにこの世界で困窮して死んでしまった人間を出してリアル感を出して欲しいところだな。 
 都合のいい記憶がプレイヤーに発生し過ぎてる感がある。
 半端な記憶喪失設定と半端な世界観の設定を誤魔化して作り手の都合の良い世界観とストーリーって感じがしないでもないけども、
 まあ、面白くなるならそれでいいじゃないかな。 とりあえあえず次の話には期待である。

 

Dimension W(ディメンションW) 1話 感想

ディメンション W 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)

 X軸 Y軸 Z軸 続いてW軸が発見されたからエネルギーが無限に取り出せる理屈が僕にはよく分からん。
 1次元は横軸 2次元は縦軸 3次元で立体の軸 4次元めは時間軸じゃないの? 時間とエネルギーの等価交換の法則でも発見されたんかな?
 あまり、科学的知識に明るくないのでその辺りは意識しないことにした。 おっさん主人公は個人的に大好物。オッサンとロボットの少女のペアで
 アウトサイダーな回収屋的なお話は結構好みではある。 とりあえず、W軸を運用することで世界は安定して安価なエネルギーを手に入れた。
 だけども、W軸を発見したか開発したかしらないけども天才的な博士はW軸の存在が危うく感じたので色々とW軸の運用を懸念したら邪魔に思う人が
 出てきて博士の家族を殺したってところかな。そんで博士は狂気に走った? その狂気をアンドロイドに委ねて世界のスイッチを何か押したっぽい。
 んで、アンドロイドの少女に謎を全てを押しつけて、その使命を理解した少女は何故か回収屋の仕事を選んだ。そんな話なんだろう。
 うん、結構ありだな! キャラデザも結構可愛い。これも来週に期待ですな。 今期は日曜日枠が熱いのかもしれない。

 

大家さんは思春期! 1話 感想

大家さんは思春期!  (5) (まんがタイムコミックス)

 2分の日常系アニメ。中学生の美少女が新生活のお兄さん、隣人の可愛いお姉さんとのお話? まあ、脳ミソを使わないで見れるアニメはいくらあっても
 構わないのでとりえあず、来週見よう。

 

シュヴァルツェスマーケン 1話 感想

シュヴァルツェスマーケン 1 *BD初回生産限定盤 [Blu-ray]

 マブラブ関連のアニメだった。 トータルイクリプスでマブラブ知ってからマブラブ関係は個人的に僕には合わないと思ってた。
 マブラブよりはガンパレ派だからかな? まあ、それは関係ないかな。人類の生存を根底から脅かす外敵がいる世界でも人類同士はいがみ合ってるという
 この世界観。人間ってそんなもんなのかもなーと思わされるがフィクションで見ていてもそういう様は気持ちいいもんではない。
 なんというか、マブラブ関連はただただ悲惨な話ばかり展開されるイメージ。 
 その割に無駄にお色気だけ出したり、美少女出したり、ロリ出したりヒューマンドラマやったり。ベータはキモイし。 
 まあ、マブラブ厨の人達が買い支えるのだろう。 僕はこのアニメから戦術的撤退かなー しかし、アニメは一話で評価ががらりと変わる時がある
 その可能性を信じてとりあえずまだ追っかけるとは思う。 


闇芝居 3期 1話 感想

貸して

 この短時間低予算ホラーアニメも数えて3期目かー 相変わらず怖い。今回は1話から叫びそうにった。本当にホラーとか暗い雰囲気のアニメは苦手だ。
 僕はホラーや暗い雰囲気が生理的に苦手な域に達している気がする。改めてそう感じた。僕はホラーと昆虫と暗い雰囲気が駄目な人間なんだ。
 だから、闇芝居は一話切らざるえないだろう。 だって怖いから。怖いのはいらないよ! だって怖いから!


魔法少女なんてもういいですから? 1話 感想

魔法少女なんてもういいですから。(1) (アース・スターコミックス)


 このアニメなんてもうどうでもいいですからと言ってしまおうかと思ってたけども、まあ、悪くない。日常系の魔法少女ものってやつだね。
父親の設定は山手線の終電から始発まで何かする職員かな? というか21時間も仕事してたらいかんだろう。仮眠に7時間当てる仕事かな。
そんなことはどうでもいいや、QBに似てる魔法少女勧誘動物も気にしない。 まあ、4分だし気楽に見れるが得るものは少ない。
でも不快でもないので見たい人だけ見ればいいアニメかな。 なんか辛辣なレビューになったけども悪いアニメじゃないのであしからず。

 

蒼の彼方のフォーリズム 1話 感想

蒼の彼方のフォーリズム Vocal & Sound Collection 限定版

 主人公は癖があるけども良いキャラをしていると感じた。 空を飛ぶ靴を支給してくれる高校に入学した主人公が空を飛ぶこと、空を飛ぶ靴を使った競技を通して恋愛したり、友情したり、青春するアニメなんだろう。 退屈せずに面白く見れたと言えば見れた。
 ただ展開は空飛ぶ靴以外はちょっとテンプレが入り込み過ぎてる感はある。もっと言えば、空飛ぶ靴設定も・・・・・・パク・・・・・・おっと。失礼。この場合はどこかで見たことある感かな。でも、今期のアニメの中では面白い方に入るかも、とりあえず、主人公の空を飛ぶ才能と爆発力に今後期待できるので、来週も見よう!

 

赤髪の白雪姫(第2クール) 1話 感想

赤髪の白雪姫 Vol.7 <初回生産限定版>【DVD】


 1クールめの時から思ってたけども、キャラクターに個性がないというか濃さがない。それでいて主要キャラの味方を身内で万歳!万歳!してる。
ストリーラインも綺麗過ぎて個人的に「ふーん、あ、そうなの?」くらいで意外性がないのだけども、お話がよく纏まっているのでなんとか見れる。
ただ、登場キャラがどれもこれも没個性的なので味がしないご飯を食べる印象を受ける。 多分、僕はこのアニメと決定的に相性が悪いんだろうな。
もっとふざけたキャラクターが欲しいところだけども、無理だろうなー。


血液型くん!(第4期) 1話 感想

血液型くん! 4 [DVD]

 血液型くんは面白いけども個人的には嫌い。 なんていうか血液型で人格をなんちゃらする思想は血液型差別でしかないし、そのせいで不幸になる人がいるのはイタタマレナイから。生まれながらにどうしようもない血液型という個性で人格批判に繋がる思想は断絶するべきだ。 
 なので、こういう思想が嫌いなんだ。 結局、イメージとそれを意識する習慣で他人の人生は影響を少なからず受ける。なので血液型思想を根絶したいので
 この手のアニメは消えて欲しい。ただアニメとしては面白いと思う。けども、このアニメが僕は嫌いだ!


てーきゅう!(第7期) 1話 感想

てーきゅう 7期 [Blu-ray]

 5期と6期が個人的に微妙だったんだけども、7期でなんかちょいと盛り返した感じ。
 いや、飽きてきたけども、飽きを通り越してまた好きなった感じなんだろうな。
 まあ、内容は相変わらずだが「ソメラちゃん」くらいてーきゅうもぶっ飛んで欲しいと思う今日この頃である。


最弱無敗の神装機竜(バハムート) 1話 感想

最弱無敗の神装機竜《バハムート》8 (GA文庫)

 ・・・・・・。あのさ! 主人公がヒロインの裸を事故的に見てしまって主人公はヒロインの裸に対して感想言う。んでそこからヒロインと決闘してトラブルがあったり、なんかあって仲良くなるっていうストリーラインは流行を越えて定番なんかな? なんていうの、パンを銜えて角でぶつかったあいつは気になる転校生っていう展開と同じだよそれは。

 だからこそ、2話からが1話なんだよ!この手のアニメはさ。とか思った。 しかし、作り手もそれが分かっているからもう異様なほどにテンポが良かった。
 本当に主人公とヒロインの出会いから色々なキャラを説明、敵勢力の説明、主人公の立場、ヒロインの立場はきっかりとおさまった。
 さあ! 2話だよ! 2からスタートだよ! ということで来週も見よう! そんで、ISとか言うのはやめよう! ISよりはマシだとは信じたいから!

 

この素晴らしい世界に祝福を! 1話感想

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)

 引きこもりゲーマーが主人公ってことで異世界への転生ものかなとアバンの3秒で見抜けた! 個人的には清々しいぐらいにご都合な展開でテンポよく話が進む。 最初は幽遊白書のパロかパクリか? と思われても仕方ない程だけどもまあ、そこは我慢した。

 んで、我慢して良かった。 何故なら面白くなったから。現代的に価値観をファンタジーに持ち込む転生ものは最初の導入部分が残念なことは仕方ないのだ。慣例といっていいだろう。 でも改善して欲しいとも思う流れである。 おっと話がズレそう戻す。

 まあ、最初は主人公が死んでしまってから女神に死因を笑われるところに少し不快だったかな。やっぱり他人の死を笑っていかんです! でも、女神の設定が頭の弱い人設定だったのでしゃあないと納得。
 死んで記憶を引き継いで人生を異世界でやりなおす! これは引きニートゲーマーとしては魅力的なお誘いである。 即決する気持ちも分かる。
 そんで、特殊な能力を選ばない代わりに女神を自分の所有物として異世界への転生を選ぶ主人公! そこに意外性があって面白かった。その後の異世界の不親切な設定がまた良いし、異世界に強制的につれてこられた女神のリアクションがなお良い ベリーグットリアクション賞を与えたい! そんで、主人公のジャージアピールも良かったよ!

 

 適度にゲスで適度に人が良さそうな主人公! この設定は結構良いと思ったし、女神も頭が悪いがそれ以外が万能ってのも主人公が活躍しやすい構造になっていて物語の芸風が纏まりやすいだろう。 

 

 考える主人公とそれを実行、補佐する女神という感じでいい感じにまとまりそう。

 あと、女神アクアのキャラの頭の軽さと悪さが非常に魅力的に感じた。 ともかく主人公も女神も前向きで好感がもてる。 しかし、異世界にいって冒険者と思いきや労働者スタートとは恐れ入る。 その順応振りにも恐れ入る。
 ちょっと労働者の場面で引き伸ばしが余計に感じられたけども、じょじょに生活が良くなっていく感じは良かった。ギャグとストーリー上で必要なことが面白くミックスされているのもまた好印象。
 今後に期待できる今期のダークホースアニメと言えるだろう。 知力と幸運が高くて後は駄目な主人公と、知力が低くて幸運が低いヒロインの組み合わせが今後どう面白く展開されるのか? 気になる。
「らぶやん」って漫画から毒を抜いて異世界に転生ものにしたらこんな感じになるのでは? それってかなり面白いってことですよ! と、今はそう感じている。

 

 

 亜人(放送日が遅いので後で追加予定)

DVD付き 亜人(8)限定版 (講談社キャラクターズA)

  原作も読んでるし、映画も視聴したので今更に何か言う必要もないけども、放送されたら追加したい。 でもトップ5には入らないだろうと予測する。 いや、亜人はもう僕にとって旬が過ぎたのです。こういう作品は進撃の巨人のように旬があるのですよ!

 

 亜人 追加

 

 亜人 1話 感想

 

 あれ? 亜人ってこんな退屈な話だっけ? なんだろう? ただ、暗くシリアスな話になってる。 原作を読んで話の筋を知ってると、何処でトラックではねられて、どうなるかを把握してるので、サプライズがないのだなと感じた。 まあ、原作通りの出来といえば出来なんでね。しょうがないよね。 やはり、佐藤さんが  シモ・ヘイヘ引用するところまでいかんとあかんかもしれん。 やっぱり、原作読み込んでアニメ視聴するとこういう感じでどうにものめり込めないんだよな。 ただ、OPはカッコイィ。だけども、サプライズを用意することもストーリー的に難しいだろう。 うーん。 予想通り、1話厳しい評価せざる得ないのが悲しいな!

 

 

 

 これが僕の嘘偽りない今期のアニメの感想です。 

 

 

 というわけで、感想と評価がここまで!  

 

 

 

 

 

 

 

 そして、1話見た感じで今期の僕のオススメは!

 

 

 

 


1位
この素晴らしい世界に祝福を!

[まとめ買い] この素晴らしい世界に祝福を!(ドラゴンコミックスエイジ)

 1話視聴した感じでは今期のラインナップの中では1つ抜けた印象だった。 まだ、1話だけなので今後どうなる分からないけども、今期の上位には食い込むだろう。 僕のアニメ感が確かならばの話だが。

 

 


2位
Dimension W(ディメンションW)

 

 SoltyRei臭がちょいとしたけども、まあそれは言わないお約束かな。それ抜きにしてもオールドアニメ好きの僕はこういうのが好きなんだな。だから2位にした。

 

3位

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

 

 ちょっとあざといけども期待値込みでこの位置

 

4位
昭和元禄落語心中

 落語パートがあまりに長過ぎた。そこが良いと言う人もいるかもだけども、もっと省くところは省くべきだ。でも内容は悪くないのでこの位置


5位
灰と幻想のグリムガル

 ありなんだけども、異世界ものは「この素晴らしい世界に祝福を!」を推したいのでこの位置。

 

次点
無彩限のファントム・ワールド

京アニ補正でこの位置かな。

 


 というわけで 2016年冬アニメ1話全部の感想でした。 やはり、後から亜人を追加しましたが、やはり個人的に今期の上位に食い込むの難しいと思ったかな。 まだ分からないけどね。 とりあえず、2話目で他のアニメ共々どうなるか? 楽しみであはる。 

 

 なので!

 

 2話目も出来るだけ頑張ります!

 

 

                                  以上!

 

 

 

  勿論、異論反論は認めます! でも、僕は今期「この素晴らしい世界に祝福を!」が熱いと思うんだ!

 

 

 

 

 

 2話目の感想はこちら!

 

nekokone.hatenablog.com

 

 

2016年春アニメはこちら

nekokone.hatenablog.com

広告を非表示にする