ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

【漫画】モーニングで連載されている「僕が私になるために」という漫画がすごい!!!

 

 今週は漫画でビックリした。 

 ビックリした原因はモーニングという雑誌で連載されている、バトルスタディーズを読んだ次のページをめくったのがきっかけだった。

 

 ビックリした漫画のタイトルは「僕が私になるために」という。

 このタイトルだけではビックリしないが、内容でビックリした!

f:id:nekokone1999:20160313023547j:plain

 

 この漫画は成人男性が性別適合手術を受けて女性に生まれ変わることを描いた漫画である。しかも、実録である。

 主人公が性同一障害(GID)であり、その治療を行い身体的にも法律的にも女性への性別移行を果たすまでの物語を全7回でやるらしい。

 

 1話では性別適合手術のメッカであるタイに主人公こと、「平沢ゆうな」が現地の病院で手術する前夜までのお話となっている。

 

 これ読むと本当に色々と考えさせられる。

 本当に色々だと・・・・・・。

 

 僕は性別適合手術って言葉は知ってるけども、実際のところを知らないのである。印象的には、男は玉を抜いて棒を取り除くだけだと思い込んでいたのだけれども、全然違うということをこの漫画で知った。タイがそういう手術のメッカだというのは島耕作で知った。タイがその辺の事情で有名だというのは常識だろう。

 

 男が女になるために性別適合手術を行うとは、つまりは男性にキチンと膣を備え付ける手術であるのだ。しかも、膣の深さもリクエスト可能。これにより、手術後は愛する男性とセクロス可能というわけだ。わーおである。アー! である。

 

 んで、気になるので女性から男性への性別適合手術はどうなるか調べた。

 うーん。どうやら男性の突起物を女性につけることも可能なようだ。しかも、立ちションも可能、勃起も可能で射精は微妙というか、それは無理。ドライオーガズムを得れるように努力する方向性になるのだろうか? その辺は良く分からんし、これ以上調べるのはなんか精神的にきついので調べるのやめた。

 

 しかし、すごい世界だ。

 ただ、性別適合手術というものは生殖行為をしても子供が出来なくなる手術でもある。個人的に子供を得る能力を手放すというのはとてつもないことだと僕は思ったりするのだけども、現代は自分の卵子精子を保存できるし、体外受精代理出産もあるわけだから自分の遺伝子を次世代に残すための手段や方法などいくらでもある。だから現代では問題ないのかもしれない。腰振って子作りするだけが子供を得る道の全てではない。

 

 だから、性別適合手術は自己保存の法則や種族保存の法則に逆らってるとは思うんだけども、高度に進んだ医療分野からすれば問題ないのかもしれない。

 子供も授かれるし、自分の性別も心と同じものを選択できるんならそれにこしたことない。

 

 ただ、どういうわけか、僕は外科手術的なものがすごい苦手だ。身体に悪い部分があったとしても、腹をメスで切り裂いて治療するというのですら結構な抵抗がある。なので、手術して穴あけたり、突起物をつけたりするっていうこと事態に怖さを感じる。忌避的な思いもある。

 

 正直なところ、そんなことして平気なのか? やばいんじゃないの? 魔法で性別をが変わるわけじゃなくて、手術だよ! 切ったりはったりとかして身体の機能を削ったり付け足したりって怖いくないの? っていうのが僕の正直な感想。

 

 だけども、心身の不一致の悩みで死んでしまいたいとすら思い悩む人がいる。そういう人達の救いのために、色々な覚悟をして性別適合手術受けるわけだ。僕如きドサンピンな野郎には一生デキナイ覚悟である。

 

 実はこういう話には、目を逸らしたくなる自分がいたりする。

 だが、「僕が私になるために」という漫画は非常に読みやすくて僕の知らない世界を分かりやすく丁寧に描いているので非常に面白い。

 

 なので、おススメです!

 個人的には2016年で連載が始まった漫画大賞候補になりうる作品だと私的に感じる。

 1話読んで

「この漫画は絶対くる!」と太鼓判を押せる作品は久しぶりだなー。

 

                                    以上!

 

モーニング 2016年15号 [2016年3月10日発売] [雑誌]

モーニング 2016年15号 [2016年3月10日発売] [雑誌]