読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

現代の価値基準はどこにあるのだろうか? やっぱり金か! 応仁の乱から日本を適当に振り返ってみた。

手記

 

 応仁の乱から現代までの文献をあさりちらしてたんですよ、私。

 

 んで、だいたい 西暦1467年から2016年現在までの歴史をざっくりとだけど振り返ってたんですよ。

 

 んで、色々思ったわけですよ!

 

 応仁の乱が起こって、戦国時代の幕が開いた。 とにかく中央のいうことなんて聞かないでみんな好き勝手やろうぜ! みたいなノリで無法で無秩序な時代になった。

 

 ようするに応仁の乱の後に国家権力が弱くなったので生まれた時代が戦国時代ですな。

 

 んで、国家権力が弱くなると、国とは別の既得権益を持った人達が好き勝手やりだした。主にお坊さん連中が酷かった。 比叡山の坊主とか、石山本願寺とかその辺だけじゃなくてね。 まあ、坊さん戒律は無視して、酒池肉林楽しむ坊さんが増えたので本当にみんなが好き勝手生きる感じになった。 特に昔は男の暴力が圧倒的に強い時代だから女性はレイプされたい放題。ゴムもないから誰とも分からない子供を妊娠する女性がめちゃめちゃ多かったし、むごたらしく殺されたりもしてた。 酷い時代である。

 

 そんな好き勝手にやる時代は「許せん!」って立ち上がったのが信長ちゃんなわけですよ。いや、本人の野望と建前は色々あるけども、他の脂っこい野望を持った戦国大名よりはかなり、世界的な視野を持った人が信長だった。信長のスゲーのはとりあえずこの国を纏めて治安を取り戻すだけではなく、世界に通用する日本を作ろうとする視野の広さ。目標の立て方のすごさ。実現するための手順の組み立てのすごさ。 視野の広さと決断力・行動力と遂行能力の大天才だった。

 

 とりあえず、天才ノブさんのおかげで日本の戦国時代の地慣らしはほぼ終わった。んで、ほぼ終わったところで、明智さんが裏切るわけですよ。人に裏切られ慣れているノブ様も腹心の中の腹心に裏切られたら、あっさりだった。 明智さん大勝利! だったんだけども、ノブさんの秘蔵っ子の秀吉さんがまた頑張ったわけだ。 色々と信長暗殺には説はあるけども、秀吉はノブの意思をしっかり受け継いだ。 朝鮮出兵は失敗に終わったけども、日本を統一したら世界に進出するべきなので個人的には正しいと思う。

 

 でも、後継に恵まれないヒデ。国家の運営システムをがっちりと作ってなかったので、ヒデ関白が死ぬと、家康に天下を持ってかれた。 そしたら、家康は天下がひっくり返らないようにシステムを作った。 とりあえず、上がアホでもクズでも下が逆らわないような常識を世間に作り始めた。 下克上的なことを考える人間を減らす思想と、それが出来ないように活かさず殺さずのコンセプトで大名から民衆まで徹底的に粛清して、さらに余計な外国の知識が入らんように鎖国までした。 

 

 信長は能力主義をかなり徹底させていた。 秀吉は能力主義を徹底しきれないところがあった。家康は能力主義を否定して権威主義を利用して国を治めた。

 

 個人的には、家康のせいで日本人は頭を簡単に下げるようになったような気がする。特に、庶民はそう。 上に逆らうという国民性が戦国時代にいったん出来上がったんだけども、紆余曲折を経て、国家には逆らいませんという格好になった。

 

 だけども、外圧で明治維新がくる。明治維新売国奴が蔓延ってた。この時の日本の文化的な価値は外国に闇で売られまくるが、でも、明治政府は内戦の後に一つに纏まる。外国と対等になれるように頑張ろうと纏まる。目茶目茶優秀な人達がいたわけじゃないけども、外敵を倒すためという団結力が明治政府を調子ずかせる。

 

 しかし、調子に乗り過ぎてアメリカに大負けする。 だけども、植民地の解放とか白人からのアジア人差別もこの日本の戦争のおかげで緩和される。何故ならアジアの代表として思いっきり世界で戦ったからだ! 白人も黒人も黄色人種も関係ない! 同じ人間であり、舐めてたら痛い目に合う。人種で人間を差別してたら大変な事になると世界は認識するようになる。 

 

 第二次世界大戦以降、世界は人権的な意味で少しだけ優しさを手に入れる。 その優しさと朝鮮戦争の戦争特需で日本は早期に経済復興。とにかく、人を生む、育てるに国家の総力がつぎ込まれる。 そうなると豊かになる。 物が日本に溢れるようになる。 貧しかったからみんな頑張って色々とさらに豊かになる。 

 

 豊かになり、便利になると、頑張らないですむ人が増える。 昔から頑張らないでもすむ人が沢山いたけども、それが分からないようになってた。でも、今は頑張らない人がたくさんいても、それなりに豊かで便利な生活が出来る。 だから、頑張らない人が沢山増える。 ニートが増える。 労働者が減る。 労働者が減ると労働者を使う人、上が困る。格安で働いて欲しい人の需要が増える、日本で日本人がやりたくない仕事をやって欲しいと外国の人を入れようと上は考える。 そして、日本の労働者は食い詰める。

 

 なので、日本の若者は日本で大企業や自分の望む会社に入れないならニートになる。それか行動力のある人は海外で頑張る。 もしくはミニマリストになったりする。 基本的に資本主義は拡大する。合理化して利益の拡大と最大化と大量消費が永遠に続くなかで、庶民のお金ない人もお金ある人もコスパを求める。

 

 コスパが良いとは、テコの原理みたいなもんだ。 少しの力で大きな力を生み出すように、お金の力を最大限に活用出来るように人々は頑張る。 更に、お金の力は拡大し続ける。僕がこうしている間も、世界中でお金の総量は増えている。刷りまくられている。刷るだけでなくて、電子マネーも増えている。そんで、お金で出来ることが沢山増えている。昔はお金があっても宇宙にいけない人が沢山いたが、今はお金をメッチャ持っていて健康なら宇宙に行くことだって可能だし、高度な医療もお金次第で受けられる。宗教的な戒律や法律的な制限を受けなければ魔法に近いレベルの科学技術を堪能できてしまう。

 

 なので、現代の価値基準はお金である。

 そして、金が地位も名誉も持ってくる。

 金がないなら、名誉を得るための行動が必要になる。

 金がないなら、地位を利用して金を得る、名誉を得る。

 金も地位も名誉もないなら、得るための行動が必要だ。

 お金ない人は苦労する。お金ある人は楽をする。

 

 お金ある > お金ない これで格差がほぼ決定する。

 

 だから、日本を豊かにしようと思ったら、日本国民全員を金持ちにするしかない!

 日本人全体をお金持ちにしようと思ったら、海外からお金を落としてもらうようにするしかない。

 それはどうすればいい?

 

 貰うか?

 何か売るか?

 その、二択かな?

 

 しかし、お金を貰うのは結構難しい。 外に出て知り合いにお金頂戴って言ってもなかなかくれないだろう? 他人ならなおさらだ。 脅したり、奪わない限りはお恵みをなさる人は少ない。 

 

 やはり、何かを作って売るというのが良いのだろう。 転売というのもあるが、元手が限りなくゼロで高く売れるほうがいい。 元手と利益のプラス差益が大きいならなんでもいい。

 

 ということで、日本がいまやるべきは、日本人がものを作って売るのをもっとやりやすく自由にするべきなんだ! 

 

 なので、表現の自由をもっと拡大するべきなんだ。 何かを作ることの妨げは経済のお金儲けの縮小を生むだけである。

 

 だから、僕は表現を規制したりするのに反対なんだ。

 

 表現の自由が今よりももっと自由に拡散できるのなら日本はもう少しだけ豊かになれる。お金のめんでね。

 

 だから、国は表現の規制を自主規制する連中を取り締まるように動くべきだ。 表現を無規制にする国家が日本ですという感じで日本の舵を切るのだ!

 

 規制するとその規制を逆手にとって知恵を出す人もいるけども、縛りプレイが得意な連中は自分で縛るルールを敷けばいい。規制の強制や強要は良くない! だから規制をいったんとっパラって、人間の思考の限界に挑戦するのだ!

 

 んで、行き過ぎてしまったらまた縛り、絞ればいい。 現代は縛り、絞りが過ぎている感がある。

 

 なので、様々な規制の撤廃の促進が現代の価値基準を変えるきっかけになるだろうし、それこそが、未来の価値基準となる。

 

 さあ! 未来のためにあらゆる、規制の緩和を唱えよう! いや、あらゆる規制の撤廃を唱えよう!

 

 規制の撤廃こそが金をかけずに、色々な人が儲ける手段なのだ!  それを妨げる連中は規制の中で既得権益を貪る餓鬼のような集団だと思っていいだろう。

 

 だから、規制派の連中に僕は言う!

 

 「この餓鬼めらが!」 と。

 

 

                                   以上! 

 

 日本が規制のない国家となって欲しいと祈る文章でした。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする