読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

【漫画】AKB49というひたすら鬼畜な漫画を熱めに紹介する。

漫画

 

 AKB49という漫画を皆さんはご存知だろうか? 

 週刊マガジンの看板漫画だったAKB49というこの漫画。

 読む前は、AKB48関連のクソ漫画かなぁーと思っていた。

 

 だが!

 実際に読むとクソ漫画どころではない。

 こんなにエグイことはAKB48でもやらない。

 リアルのAKB商法が可愛くみえるのがAKB49という漫画である。

AKB49~恋愛禁止条例~(29)<完> (講談社コミックス)


 正直言えば、読むまでは舐めてた。AKB49という漫画を僕は舐めていた。アイドルブームに便乗した糞漫画だと誤解していた。
 それを正直に詫びたい。
 
 僕は日本でも有数のAKB48に興味がない人間である。
 というかアイドルマスターは好きだかラブライブは微妙とか言ってるタイプであり、
 そのわりに、ラブライブの同人とか同人ゲーには手を出すカスである。
 
 しかし、AKB関連のリアルアイドルものに僕は一切手を出さないタイプだった。
 元アイドルとミュージシャンのレズ漫画のオクターブは認めても他は認めないとか変なこと言ってたの私です。

 
 でも、友人がAKB興味なくても俺は知ってる。お前は密かに篠崎こころというアイドルが好きであるということは知っていると
 知ってるということを!
 という脅迫に負けて、泣く泣く僕はAKB49を読むことになった。


 この漫画のストーリーとしてはAKB48に女装して入り込む男子がアイドル界で出世して行くというトンデモストーリーなわけなんだが、
 その展開が素晴らしい。秋元プロデューサーは超良い奴だし、ジョソコの主人公を推しまくる。ファンも女装男子を女子と思い込み応援する始末。

 女装男子の主人公は推しもおされて、AKB48のアイドル候補の中でいきなりセンターを任せられるほどに・・・・・・、

 アイドルユニットのセンターを野球のセンターと勘違いするような男が美女軍団のセンターにおさまる図はきついものがある。
 しかし、そういう天然さもアイドルとしての魅力なんだろうな。素晴らしい。

 この漫画を読んでいて常に思うのは、「おいおい! まじかよ! おまいらみんな騙されてんぞ!」ということである。

 だって、主人公は男だからね。女装男子だからね。そんで女装男子しながら男前キャラでアイドルの頂点としてのしあがるんだから、これは笑うしかない。

 しかし、常に面白いというか、カレー大好き篠田、よくわからないキャラだがええこと言う前田敦子
 この二人だけでご飯は3杯いける漫画である。

 そして、話はどんどん深くええ話になる。女装男子のアイドル相手に中年の教師が生活費を切り詰めて応援したりする。これはえげつない!
 良い話なのに酷い裏切りに思えて涙が止まらない。この主人公は殺されても文句は言えない。事実だが、おじさんをたぶらかして騙している。
 主人公が人を騙す漫画だよこれ! しか性別が男というだけで女性アイドルしては有能というわけのわからなさがこの漫画の魅力なのかもしれない。

 この漫画はやば過ぎる。一言で言えば「だが男だ! と100万回叫びながら涙する漫画である」
 この漫画のえぐさに比べればAKB商法なんぞは暗黒の一塊に過ぎんと笑ってしまうほどである。

 しかし、この漫画の真のやばさは、読んでいけば読んでいくほどにもう女性アイドルの中身は男でもいいんじゃないかなと本気で錯覚させれるところだろうな。
 あと、中年教師の生活を捨てた地味なサポートが常に涙誘ってくる。しかも女装した教え子相手にこれなんだからもう涙が止まらない。
 アイドル中毒患者に愛の手を! というか、もうアイドルの結婚相手は金×時間を一番注いでくれたファンでいいとすら思う。
 アイドルになるからには、結婚相手はファンの中から一人選んで卒業というルールをAKBの新ルールにして欲しい。
 それならAKBの人気はもっと上がると思うぜ。

 AKB研究生のライブが1万円で250人の箱をMAXにしないと解散とかやらせたり、シングルCD売り上げ13万枚のために頑張らせたり、
 天才作曲家の中学生を色気で篭絡させて曲を書かせる手口は極道も真っ青になるアイドル漫画なのがAKB49という作品だ。

 唐突だが「恋の季節は何時だろうか?」答えは二人が出会った時らしい。それは季節じゃねーから! こういうやりとりこの漫画では日常茶飯事である。

 一難去ってまた一難を繰り返し芸能界をあり得ないスピードで駆け上がる女装男子アイドルみのり! ライブでは集団催眠事件に間違われるほどである。
 描写的には落雷に打たれて恋に落ちたような演出が目立つ。それと「そんな馬鹿な!」という負けキャラ常連の名台詞も結構飛び出す
 しかも、どうやらAKBオタは50人入れば3000人の普通のアイドルヲタ駆逐できるという論理がこの漫画で証明された。さらに前田敦子=ゴリラという作者の熱い気持ちも伝わった。ひでぇー。
 そのうち、前田敦子が私も実はごり・・・じゃなくて男だとか言い出しそうとか思い僕はこの漫画に夢中になった。
 それにゴリラ繋がりか分からないけども、途中スラムダンクを読んでいるような錯覚すら起こる。俺もだいぶ催眠にかかったようだ。手遅れじゃないことを祈る。
 
 親から金をパクッテでもアイドルになりたい女の子においらは同情した。親から金パクッテダンススクールに通ったり、金パクッテ上京するガッツは見習ったらアカンのやろうけども胸を打つ展開である。
 しかもオーデション中に母親が病死するし、それでもアイドルのオーデションを受けるガッツというかなんというか。アイドルになるためには親の情すら不要とでもいいたいのだろうか?
 しかし、お母さんはわざわざ子供にお金をパクラセルために財布に常に一万以上入れ続けるって。不器用な親子愛はたまらんなー。そら鬼にもなると納得の敵キャラがマヤである。


 ちなみに、真のアイドルになるためには 目からビームを出し、手にはパワーを! 毛穴からオーラを発することが出来なければなれないという条件がある。
 これは神エイト呼ばれるAKBアイドルなら誰でも持ってるらしい。神8なら誰でも出来る。略して神8DDである。すなわち引力らしい。

 トップアイドルにはオーラが必要ということが判明してからは、アイドルオーラによるオラオラ合戦展開が基本となると思ったら大阪編でお笑いとTV業界のドロドロした話に移行する
 そして、福岡に流れても似たような展開である
 
 流石にちょっと息切れしてきたなーと思ったら一気に総選挙の時期がきてまた面白展開が続く。
 基本的に強いアイドルほど身体を巨大化させる能力があると思われる。
 なんやかんやスターダムを歩む女装男子アイドルの快進撃は止まらない、いつの間にか世界的なスターとなる「女装男子みのり!」


 そして物語は終盤へ

 アイドルメンバーを騙し、ファンを騙し、世界中を欺くアイドル「浦川みのり」

f:id:nekokone1999:20160504155821j:plain


 とりあえず、どうやってオチをつけるのだろうか? 読みながらずっと気にしてた。

 カミングアウト オチ?
 失踪オチ?
 
 くらいしか思いつかん自分の頭をどうにかしたい。

 

 そしたら、失踪した後にシークレットカミングアウト後にアイドル引退というオチだった。ファンはブチギレルが初期から支えていた古参の教師が男でも構わんと言い出してことなき得ることになる。

f:id:nekokone1999:20160504160241p:plain

 いや! 彼女じゃないから! 男だから!

 このファンの人は一番の被害者なのにその人が庇うんだからもう泣くしかない。

 
 その後に女装男子アイドルは4年間の活動を終えてコンビニの店員として第2の人生を送る。

 

 この漫画を読んで最後に思う。 信じて推していたアイドルが実は男でした! これって人によって死刑だよな。許しがたいことだと思う。電撃結婚とかよりもタチが悪い。
 でも、なんやかんやでええ話にしてまとめられていた。恐ろしい漫画である。

 

 

 だけども、AKB49って面白いね。タイトルで毛嫌いしてた自分が恥ずかしい!

 後、これを読むとなんやかんやAKB商法が理解できる!

 雑学としてもありだと思うよ!

 

AKB49?恋愛禁止条例?(1) (週刊少年マガジンコミックス)

AKB49?恋愛禁止条例?(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

広告を非表示にする