読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねここねの思考手記 サブカルミラクルの章

主にアニメ系 漫画系 らのべ系のサブカル系が中心です

初恋なんてパンツの一枚でぶっ飛ぶのだよ!!!!

 

f:id:nekokone1999:20151031205738j:plain

 

 幼き頃、週刊少年ジャンプのちょっとエッチな漫画をこっそりと愛読していたという、過去を持つ男、ムッツリ公爵こと「ねここね」です。

 貴方は初恋を覚えているだろうか? 特定の異性を意識しだした年頃なら、3歳か4歳くらいが妥当だと思う。

 僕は幼稚園の頃に好きだった異性の名前を今だに覚えている。

 そんな心が初恋というなら、その想いに従いその思い人を追いかけるべきなんだけど、中学入学をきっかけに、通う中学が別れたため、疎遠となる。

 それでもなんでも、初恋の相手がいようがいまいが、中学生活は始まる。授業に部活に新しい人間関係、そして、エロイことへの興味関心、後に覚醒したのが僕だった!

 中学に入り、覚醒した時期に事件は起こる!

 ある意味、漫画のような超奇跡。

 「同級生女子のパンチラである。しかもモロである、そして白である」 (注、現実です)

 今となっては、何故にその状況が生まれたのかを覚えていないのが悔しいのだけれど、多分異性をきっちりと意識しだしてからの、初の生パンツ目撃である。(上を見ながら階段を上がってたら女子が階段の上で開脚した状態だったのは覚えてる)

 当時、これにはかなりのインパクトがあり、今でもそのパンツの色、食い込みの具合、女子の恥ずかしそうな表情や仕草は忘れられない。(下衆な思い出だと思う人もいるかもだけども、僕にとっては美しい思い出なんだよ!)

 そして、その日から一週間ぐらい、ずっとその女子が気になって気になって仕方ない。

 当時、気がつけば初恋の女子への思いは胸から去り、パンツを目撃してしまった同級生の女子の事ばかり考えていた。(その女子は隣のクラス)

 
 パンツを見てから、数日の時がたった。

 そして、当時の自分はこう思った。


「好きだ! 僕はパンツを見た隣のクラスの女子が好きだ!」



 しかし、好きだからと言って、どう告白すればいい? 「パンツを見た日から君のことが気になって、それで好きになった」等と言えるのか?

 言えるわけもない。

 当然ながら、そんな理由で告白する程に愚かな僕ではないので、告白することもなくその女子とはパンツを見た、見られた以上の関係性を築くことはなかった。

 ・・・・・・それが現実なんだ。


 しかし、疑問は残った・・・・・・。 

 何故だ? 

 今まで意識したことのない女子のパンツを見ただけで、何故に好きになるということにまで発展したのだろうか?

 中学生には大いなる謎であった。

 だが、馬鹿な中学生だったので、謎は放置したままだった。

 

 そして、時は流れ、・・・・・・この↓漫画のとある台詞で答えに辿りつく。

            f:id:nekokone1999:20151101080641j:plain

 

 
「愛情はほぼ間違いなく、性欲を伴う、かといって性欲が愛情を伴うかといえば、そうでもない、つまりは、性欲はそれのみで成立するけど、愛情はそれのみでは成立しない」

                          陽炎日記 著[木尾士目]

 
 この台詞を読んだ時、中学生の時の疑問が突然蘇り、そして解けた!

『性欲と愛情は混同してしまうことがあるということなのだ!』

 異性に対して、性欲と愛情を分けて考えること事態が不自然なことなんだ(本能に逆らってこそ、人間とも言えるけどね)
 
 だけども、中学生というエロイことに免疫の少ない子供だったら、パンツの1枚でもころっとなる。好きなのか?、性欲なのか? その判断がつかなくなるのも当然である。大人でも難しいのだから。

 当時、パンツ1枚で揺らいだ自分に疑問と、嫌悪感を抱いたものですが、それは当たり前だし別に恥じることもない出来事だったのです。

 そう思うと、幼稚園の頃の恋心は 純粋な愛情であり恋心だった。中学生の頃の恋心は性欲と愛情のハイブリットタイプだったんだなーと思う。

 ならば、純粋な恋心って、男は完全に男として萎えるまでは持てないのかもしれない。(それは女性も同じかな)

 だが、純粋でなくてもいいじゃないか! 車だってハイブリットの時代だ。 恋と性欲だってハイブリットであるべきなんだ!

 だから、女子諸君! 好きな男がいたら積極的に”パンツ”を見せてあげてはどうだろうか? 
 なんかセクハラっぽい話になってきたけども大事なことなので、もう一度言おう!

 好きな男がいたら、積極的に”パンツ”を見せてあげてはどうだろうか?


 そして、男は表面上「このビッチが!」とか言いながら、頭の中が性欲と愛情で”ごっちゃごちゃになり” パンツを見た女性への好感度が上昇するのだ。


 だから、あえて、あえて、さらに、セクハラ覚悟で言わせてもらう!


「女性陣よ! 積極的に前に出て”パンツ”を出すのだ!」 


 なんせ、男は女性のパンツ1枚で、ロマンティックかエロティックかの区別がつかなくなるのだから。 


 まったく、男ってやつは「スゲー インタレスティングな生き物だぜ!」


 貴方はちゃんと性欲と恋心の区別がつきますか?

 

 僕は今だに怪しいです。

______________________________________

 注) 公共の場では猥褻物陳列とかいうメジャーな罪に問われるので、パンツを見せるには時と場所を選びましょう!

陽炎日記 (アフタヌーンKC)

陽炎日記 (アフタヌーンKC)

 

 

 

 合わせて読みたい!!

 

nekokone.hatenablog.com

 

nekokone.hatenablog.com

nekokone.hatenablog.com

nekokone.hatenablog.com

 

nekokone.hatenablog.com

 

nekokone.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする